マーケティング事典
記事一覧

マーケティングとは

ビジネスで多く使われる言葉の一つである「マーケティング」の本来の意味は、企業と顧客の双方が共に儲けていくための仕組みを作るということです。自社商品・サービスなどをいかにして顧客に購入を促すかという鍵を握っています。そのマーケティングの中の機能のごく一部であるといえるものが、プロモーション・マーケットリサーチなどです。
マーケティングのプロセスは、調査と分析・計画・実施・評価と修正で成り立っており、事業利益を出しつつ市場価値をクリエートしていく過程であると言えます。これらのプロセスを、目的が為し遂げられるまで反復します。
戦略的な考えと、状況や問題に対処出来る戦術の取り合わせを自由に行える企業であれば、その企業の成長・発展は絶対的なものとなります。

おすすめ関連サイト

デジタルマーケティングなら

マーケティングの必要性

テレビや新聞、雑誌などのマスメディアの普及により、マーケティング活動をするのは大分楽になってきました。そのため細やかな宣伝や顧客ごとへのアピールを怠る企業が増え始めています。
しかしマーケティング活動は、商売業においてとても重要な役割を果たしています。CMやポスターなどは、確かに注目や話題を集中させるのには適しています。しかしそれを見ている人が多い分、興味を持たない人もまた多いのです。
特に広告などは、膨大な数の企業が出しています。つまりそれだけ、個性を発揮しにくい宣伝方法であり、他の企業の宣伝活動に埋没してしまう可能性があるということです。
そのため実際に顧客と触れ合うダイレクトマーケティングや、定期的に要望やアイディアを聞き出すリサーチ戦略などは、必要不可欠な活動なのです。

 

Copyright © マーケティング事典